【オススメの疲労回復サプリ】疲れに負けない体を作る

家族

血液をサラサラにする食品

男の人

血液をサラサラにする食品

血液をサラサラにする食品について。血液がドロドロの状態は、悪玉コレステロールが高い、または中性脂肪が多いなどの状態ですが、それらが続くことで高脂血症など、さまざまな病気を引き起こします。高血圧や脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の原因にもなります。それを未然に防ぐためには、血液サラサラ効果のある食品を摂取する必要があります。血液サラサラ効果のある食品は、主にDHAやEPAを多く含みます。DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸といい、悪性コレステロールを減らして血液をサラサラにする効果がある必須脂肪酸の一つです。DHAやEPAは青魚をはじめとする魚介類や貝類に豊富に含まれています。

サプリメントを使う

DHAやEPAは、日本人が不足しがちな栄養素だと言われています。欧米食が中心となり、魚を食べる習慣が減ったことが原因として考えられています。DHAやEPAは 1日に1グラムから2グラムの摂取が必要と言われていますが、日本人の平均摂取量は0.7グラム程度だと言われています。不足した分は、サプリメントなどを利用して、積極的に摂取するようにしましょう。DHAやEPAのような血液サラサラ効果のある栄養素を、サプリメントなどを利用して、継続的に摂取することで、生活習慣病を始めとした様々な病気の予防になります。ただし、必須脂肪酸は酸化しやすいため、サプリメントを選ぶ際には抗酸化成分を豊富に含んだ物を選ぶようにしましょう。血液サラサラ効果のある栄養素は、魚介類に多く含まれるDHAやEPAがお勧めです。