【オススメの疲労回復サプリ】疲れに負けない体を作る

家族

目のトラブルを防ぐ

眼精疲労

乾燥を防ぐ

現代人にとって「目の疲れ」は当たり前の症状になっています。しかし、当たり前になりすぎたために、あまり重く受け止めず、何も処置をせず放置してしまう人が非常に多くいます。目の疲れが起こる原因は、目の乾燥にあります。目の表面は通常涙で覆われており、その涙が乾かないように瞬きを繰り返します。パソコンやスマホなどを長時間続けていると、画面に見入ることで瞬きの回数が極端に減り、目の乾燥に繋がります。つまり、目の乾燥を解消することで、目の疲れを防止できるのです。目の乾燥は誰にでも起こり得る症状なので、いくつかの対処法を知っておくといざというときに役立ちます。長時間のパソコン操作をしなければならない時は、意識して瞬きの回数を増やしましょう。またはタイマーをセットして、一定時間ごとにパソコンから目をそらしたり休憩をするようにしましょう。休憩する際は目を閉じるのがおすすめです。たったこれだけで目の乾燥が解消され、目の疲れを起こしにくくなります。

ビタミンも大切

目の使いすぎの他にも、ビタミン類の欠乏によって目の疲れが起こることがあります。目に必要とされているビタミンは、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンCなどがあげられます。ビタミンB1は目の疲れを解消するのに役立ちます。穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類などに多く含まれています。これらの食品を食事に取り入れたり、毎日食べているご飯を白米から玄米や胚芽米、雑穀ご飯などにすると効率よく摂取することができます。ビタミンAは視覚の暗順応に役立ちます。不足すると暗いところで目が見えづらくなったり、重篤な欠乏症になると失明の可能性もあります。レバー、うなぎ、乳製品、卵、緑黄色野菜などに多く含まれています。そしてビタミンCは、目の水晶体に多く含まれている栄養素になります。野菜や果物をあまり食べない人や、タバコを吸う人はビタミンCが不足している可能性が高く、目に悪影響を与えます。果物、野菜、イモ類に多く含まれます。これらをサプリメントなどで摂取することも可能です。自分が続けやすい方法を選んで、目の疲れを解消させましょう。